管理人
管理人

こんにちはフィリピンセブ島にて約4か月ほどIT留学生

として留学生していた管理人です。

今回は僕が実際にフィリピンのセブ島に留学していた時に

実践していた自分なりのアウトプット方法について

紹介していきます。

今回は僕が留学中に実践していアウトプット方法について

を書いていきたいとおもい

留学中のアウトプット方法が気になる方
どうやって効率よくアウトプットするか
  • フィリピン人に自分から話しかける
  • 外出の時間を増やす
  • 英語でしかコミュニケーションが取れない人と外出
  • 日本語を話せない環境にする

僕はこれらのことを心掛けて行動しました。

フィリピンセブでの動画

フィリピン人に自分から話しかける

これはとても大事なことです。

基本的にほとんどのフィリピン人は英語を話すことができます。

これはフィリピンの学校での英語の教育の高さの成果です。

https://haa.athuman.com/academy/philippines/column/detail_01.asp

普段の会話ではタガログ語やビサヤ語などを話していましたが

ほとんどみんな英語での会話ができるので外に出て

英語でのコミュニケーションを取ることをお勧めします。

僕は宿から近くの外国人が良く集まるゲストハウスによく行って

各国のいろいろな話を英語で話し合うことが出来ました。

こんな感じでサンミゲルライトを飲みながらお話して

英語力をアップすることが出来ました。

外出の時間を増やす

実際に授業で習ったことを使うためにできるだけ外出の時間を増やしました。

理由はただ一つ。

実践で使いたいから。

自分の使いまわしが正しいのかや、話していくうちに

よく使う単語などが多くあったので、早く覚えることができました。

フィリピン人と外出

これをすると英語を使わざる負えない環境になります。

休日はフィリピン人の先生と遊びに行きました。

他の語学学校にも韓国人や台湾人の友達が出来ました。

軍隊の制度について話を聞いたときはとてもいい話が聞けました。

日本語を話せない環境にする

語学学校によっては国際比率も違います。

僕の学校は日本人専用の学校だったので日本語を使う時間も多かったのですが

できるだけ英語を話すようにするために一人で散歩をしていました。

いろいろなローカルの店に行ったりしてフィリピン人に

どうにかこうにか絡んでいました。

おすすめの記事